東京で募集している合唱団同士を比較してみましょう

東京で団員を募集している合唱団には、欠員補充のときだけ募集をする団と、常時募集をしている団があります。欠員補充だけをおこなう団は、たいてい本格的な活動をしていることが多いです。学生時代に合唱サークルに属していた団員が中心になって、毎週練習をおこない、定期演奏会や合唱祭の前には合宿練習もおこなうことがあります。団員はほとんどが社会人のようです。定期演奏会では有名な指揮者を招き、大きなホールを使います。一方、常時団員を募集している団では、趣味の一環としてゆったりと楽しむことを目的としているところが多いようです。練習も月に2回程度で、欠席や遅刻の連絡も不要であり、気が向いたときに集まってみんなで大声を出して歌うことを趣旨としています。参加者は、高齢者が中心となります。

東京の合唱団にはさまざまな種類が

東京には数多くの合唱団があります。中にはプロの合唱団もありますが、ほとんどはアマチュアの合唱団です。団員は、社会人が中心の場合もあれば、高齢者中心のものもあります。社会人中心の合唱団では、20代や30代の団員だけの団もありますが、20代から50代まで幅広い年齢層が集まっている団もあります。高齢者中心の合唱団は、NPO法人が運営する、高齢者サークルから発展したものが有名です。プロの合唱団はしばしば公演をおこなっていますが、アマチュアの合唱団の中にも、定期演奏会や合唱際、合唱コンクールへの出場などをおこない、年に何度も公演している団もあります。一方、高齢者向けの合唱団では、気が向いたときに参加して、大きな声で仲間と歌うことを楽しむのが活動の趣旨となっているようです。

合唱団によって練習頻度もまちまち

アマチュアの合唱団でも、練習頻度は実にさまざまです。週に2回というところもあれば、月に2回というケースもあります。社会人中心の合唱団では、定期演奏会や合唱コンクールの前になると、合宿練習をおこなうこともあります。NPO法人が運営する、高齢者中心の合唱団では、月2回ほどの頻度で、地域のスタジオなどで練習するようです。常時団員を募集しており、団員が増えると、新たな団をつくります。スタジオは時間をずらして利用するため、団の数がいくら増えても対応できます。欠席や遅刻の連絡も不要な、ゆったりとした集まりです。そうしたサークルのほうがいいという人もかなりいます。社会人中心の合唱団となるとなかなか難しいでしょうが、合唱そのものを楽しみたい場合は、こうしたシステムもなかなか良さそうです。